Author Archives: sigen01

【青年部 活動報告】神奈川リサイクルジュニアサミット交流会(2019年3月)

今年度は当青年部が担当させて頂き、平成31年3月2日に神奈川リサイクルジュニアサミット交流会が横須賀にて開催されました。
他組合より23名出席、当組合より18名出席の合計41名にて賑やかに開催する事が出来ました。
日頃ゆっくり話す機会が少ない他組合の青年部との交流の場をこれからも大切にしていきたいと思います。

第62回アイクルフェア参加

◎平成31年3月21日(木・春分の日)に第62回アイクルフェアが開催され、当組合もイベントに参加させて頂きました。大勢の方々に来て頂き、ありがとうございました。
次回、第63回アイクルフェアは、7月21日(日)に予定されています。当組合もまた、下記の予定でイベントに参加させていただく予定です。

 開催場所 横須賀市リサイクルプラザAicle”アイクル”(横須賀市浦郷町5-2931) 
 開催日時 2019年7月21日(日)
 イベント内容 
 古本市・古ジーンズ市・古帯古着物市・がらくた市・古新聞で作るエコバッグ・ごみトーク・トイレットペーパーつかみ取り(ごみトーク参加者の中から抽選)

2018年度の活動報告【体験学習】

本年度の横須賀市内中学校2年生の職業体験学習では、以下の生徒さんを受け入れいたしました。

2018年5月31日~6月1日   鴨居中学校 2名
2018年11月7日~11月9日 池上中学校 2名
2018年11月14日~11月15日 浦賀中学校 2名
2018年11月15日~11月16日 追浜中学校 2名
2019年1月16日~1月18日  不入斗中学校 2名

今年の生徒さんたちも本当によく頑張ってくれました。
資源回収は楽な仕事ではありません。ですが、地域や資源の循環のためにはとても重要な仕事です。

来ていただいた生徒さん、先生方大変お疲れ様でした! 

製紙メーカー・繊維リサイクルメーカー工場見学会を開催【活動実績】

平成31年2月5(火)、資源回収に関する出前トークを申込まれた実施団体を対象に
「製紙メーカー・繊維リサイクルメーカー工場見学会」を実施いたしました。
丸富製紙㈱沼津工場様とナカノ㈱秦野工場様にご協力いただき、回収された紙類や古着・古布類がどのように再生されるかを見学し、市民の皆様によりリサイクルに関心をもっていただく事を目的としています。
今回も参加された皆様には資源回収への理解が深まったとご好評をいただきました。

平成31年 賀詞交歓会開催【活動報告】

平成31年1月17日 セントラルホテルにて、新春賀詞交歓会を開催いたしました。
年始のご多用の中、お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

理事長挨拶


開宴にあたり、お忙しい中来ていただいたご来賓の方々から素晴らしいお言葉と、
日本再生資源事業協同組合連合会 会長 飯田俊夫様からの乾杯のご発声により懇親会が始まりました。

乾杯

懇親会では、五つ太鼓の澄秀会さんによる、鹿児島県の伝統芸能である五つ太鼓と三味線の迫力のある演奏と民謡で楽しませていただきました。


青年部浜田部長の挨拶をもって、盛況の内に閉会いたしました。
これを励みに組合員一同今年も精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

【青年部 活動報告】アイクルフェア前日準備(2018年11月24日)

11月25日に行われたアイクルフェアで、当組合が行っている古本市やジーパン市の準備を前日に青年部で行いました。

第61回アイクルフェア参加

◎平成30年11月25日(日)に第61回アイクルフェアが開催され、当組合もイベントに参加させて頂きました。大勢の方々に来て頂き、ありがとうございました。
次回、第62回アイクルフェアは、3月21日(木・春分の日)に予定されています。当組合もまた、下記の予定でイベントに参加させていただく予定です。

 開催場所 横須賀市リサイクルプラザAicle”アイクル”(横須賀市浦郷町5-2931) 
 開催日時 平成31年3月21日(木・春分の日)
 イベント内容 
 古本市・古ジーンズ市・古帯古着物市・がらくた市・古新聞で作るエコバッグ・ごみトーク・トイレットペーパーつかみ取り(ごみトーク参加者の中から抽選)

【青年部活動報告】義援金を届けに行きました(2018年10月)

平成30年7月に豪雨の影響により被災した岡山県倉敷市と、同年9月に発生した地震の影響で被災した北海道勇払郡厚真町へ、有志の青年部員5名にて義援金を届けに行きました。

この義援金には今年7月に行われたアイクルフェアの売り上げ・「被災地へ届くのならば」と募金して頂いたお金が使用されています。
ご協力ありがとうございました。

1日目
部長が単身、岡山県倉敷市の市役所へ義援金を届けに行きました。



夕方から副部長2名・会計・部員の4名と合流し、合計5名にて北海道札幌市へ向かいました。
搭乗予定の飛行機が欠航になってしまい羽田空港にて慌てる場面もありましたが、座席は離れてしまったけれど別便が取れたので無事札幌に辿り着く事が出来ました!

2日目
厚真町の役場へ義援金を届けに行きました。


その後、被災した現場を実際に確認し、まだまだ復興が進んでいない現状を目の当たりにしました。

一昨年の熊本に続き当青年部としては2度目のボランティア活動となりました。
今後も少しでも何か役に立てる事があれば率先して行っていきたいと思います。